投資家クライマーの研鑽日記

バリュー株投資で経済的自由を勝ち取る!楽しく真剣に投資しよう。クライミングの話も少し。

企業分析:2180 サニーサイドアップ

バリュー投資家たるもの、安く買って高く売る。企業の潜在的価値を把握してなければならない。

ってことで、自分が買っている銘柄の分析をしてみようと思います。

〈2180〉サニーサイドアップ

サニーサイドアップ(以下サニー)は変わった会社で、メイン事業は(企業や商品、の)PRですが、他にもオサレレストラン「bills」、開発事業などを行っています。

それぞれが一見すると全く関係ですね。何やってんの?この会社って感じ(僕自身、そもそもサニーを知ったのは、優待目当てでした)。

このバラバラな事業を繋げるのはズバリ「楽しい騒ぎを起こしたい」という企業からのメッセージでしょう。

 

これまでの実績を見てみると、ファミマが数年前初音ミクシリーズづくしになったりしましたが、アレもサニーが関わってます。さらに、丸の内のオフィス街の中で陸上競技をやったり。

ごく最近では銀座のbillsにヒュージャックマンを呼んだりと、PRはPRだけどさ、そんなことしていいの!?ってことをしてます(ヒュージャックマンがbillsで自撮りしてインスタに上げた写真は1日で54万のいいね!をもらったらしい)。

 

PRをするってことは、ただ相手企業の話題になるってことだけど、PRを通して消費者が楽しむことが大事ってことなんだと僕は思います。結局、PRを通して直接関与できる人っていうのは、その時その場にいる人達だけです。けど、その人達が面白いって思った経験はSNSなどで情報を拡散します。そうやってPRの効果が個人を通して波及していく現象がメッセージに表れているのかな、と思うわけです。だから方法が型破りというか、型に捉われない。

そして、個人が楽しい!と思える最たるものがスポーツなわけです。サニーは元々スポーツのPRにも力を入れていて、しかも元プロサッカー選手の中田英寿氏が大株主として名を連ねてます。

さらに2020年には東京オリンピックがあります。中期経営計画でも「2020年を好機に圧倒的な進化と拡大」を目指すことが明記されています。

 

2020年の目標 売上高265億 当期純利益率7.0% ROE40%!!!

2016年決算の売上高133億だけ見ても、これはちょっとやり過ぎでは?と思われるが、それでも2020年に向けて大きく利益を拡大していくことは間違いないでしょう。